皆さんの気持ちが沈む花粉症の時期。マスクをしたって、花粉から逃れられるわけではありません。花粉症がつらいなら、アレルギー治療薬のザイザルを使ってみてはいかがでしょうか?花粉症による鼻水やかゆみの症状を抑える効果があります。花粉の時期だからって辛い思いはしたくない!ハッピーにいきたい!そんな方はぜひ当サイトに立ち寄ってみて下さい。

アレグラで辛い花粉症を改善

アレグラは花粉症の治療薬として知られており、抗ヒスタミン薬に分類されています。
テルフェナジンを改良した薬であり、花粉症への効果が高くて副作用も起こりにくいという特徴があります。
この薬には季節性アレルギー鼻炎によるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどといった症状を緩和するという作用があります。
ダニやハウスダストが原因で起こる通年性のアレルギー性鼻炎にも効果を発揮してくれます。

花粉症などのアレルギーの発症にはヒスタミンという物質が関わっています。
そこでアレルギー症状を緩和するためにはヒスタミン受容体を阻害することがポイントです。
アレグラは抗ヒスタミン薬なのでアレルギー症状に効果が期待できるのです。

病院で処方してもらうアレグラには、アトピー性皮膚炎などのかゆみを改善するという効果もあります。
湿疹や虫刺されによる皮膚炎などで処方されることもあり、乾燥によって肌のかゆみが発生している場合もこの薬がよく効きます。
アレグラの主成分はフェキソフェナジン塩酸塩です。
この成分はアレルギーの原因となるヒスタミンの受容体の働きを抑制するという効果があります。
それによってかゆみや鼻炎などの症状を緩和するということです。

アレグラは服用して1~2時間で効果が出てきます。
効果のピークは2時間後となっており、10時間程度経つと効果が半減するということです。
アレグラの効果が持続する時間の長さには個人差もありますが、1回の服用で8~12時間程度は効果が持続するでしょう。
成人の場合60mgが1回の服用量となっており、朝と夜の2回に分けて服用します。

従来の抗ヒスタミン薬は脳の活動が抑えられるため、副作用として眠気が発生しやすいという特徴がありました。
しかし、アレグラは抗ヒスタミン薬の中でも眠気が発生しにくいですし、眠気が出ると仕事に支障をきたす場合などはこの薬を処方してもらうと良いでしょう。

アレグラは病院で希望すれば処方してもらうことができます。
ちなみに、ドラッグストアでもアレグラの市販薬が販売されていることがありますし、購入できるということです。
しかし、市販薬は第一類医薬品に分類されているため、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでのみ販売されています。

アレグラはアトピー性皮膚炎の痒みも軽減できる

テルフェナジンを改良した薬であるアレグラは、アトピー性皮膚炎のかゆみも軽減できる作用があります。
アレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩が主成分で花粉症の治療薬として普及していますが、アトピー性皮膚炎のつらいかゆみを和らげる内服薬としても使われています。

成人のアトピー性皮膚炎を対象に実施された一般臨床試験では、かゆみの改善効果が見られます。
小児のアトピー性皮膚炎患者を対象の二重盲検比較試験では、7歳から11歳は1回30mgを1日2回、12歳から15歳は1回60mgを1日2回のアレグラの服用します。
この結果、かゆみスコアの変化量が対照薬に対して非劣性であったことが検証されています。

アトピー性皮膚炎の治療の主軸は、ステロイドや免疫抑制剤などの塗り薬が基本的な治療で使われ、アレグラはこれらの塗り薬と併用して処方されています。
ステロイドや免疫抑制剤は、内服や注射で用いると全身の免疫機能が低下して感染症にかかりやすくなるなどの悪影響がでる可能性がありますので、安易に内服薬として使用することができません。

そこで、じんましんやつらいかゆみに効果が期待できるアレグラがアトピー性皮膚炎の治療において補助的な内服薬として使われています。
塗り薬のみで対応してしまうと、かゆみの症状が軽減されないで、成人、小児に関わらずかゆみのあまり皮膚をかきむしってしまい、皮膚表面の角質層が剥がれおちてアトピー性皮膚炎の症状が悪化します。

よって、皮膚のバリア機能を維持し、つらいかゆみを伴う炎症を軽減させるためにもアトピー性皮膚炎の治療には、ステロイドや免疫抑制剤の塗り薬と併用して抗ヒスタミン薬に分類されているアレグラの使用が推奨されています。