皆さんの気持ちが沈む花粉症の時期。マスクをしたって、花粉から逃れられるわけではありません。花粉症がつらいなら、アレルギー治療薬のザイザルを使ってみてはいかがでしょうか?花粉症による鼻水やかゆみの症状を抑える効果があります。花粉の時期だからって辛い思いはしたくない!ハッピーにいきたい!そんな方はぜひ当サイトに立ち寄ってみて下さい。

ヨーグルトで花粉症を改善できるの?

春は生命力が溢れて、様々な新しい事がスタートする季節です。
しかし、外に出るのが億劫で嫌な季節だと感じる方も多くいます。
くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ等の症状が発生する花粉症により毎年悩まされる方が、年々増えています。
花粉症の症状が出る前に対策をする必要があり、的確でなければ効果がありません。

対応策としては投薬が一般的ですが、普段の食べ物を気を付けるだけでも効果が期待できる場合もあります。
その中の一つにヨーグルトがあります。
乳酸菌によって腸内環境を整え、快便する目的で食する食べ物ですが花粉症対策としても注目されています。
毎日でも食べやすいプレーンタイプは、数多くの商品が販売されており香りや味もメーカーにより工夫され楽しめます。

腸内細菌が良好なものであれば、免疫細胞も適切に働き花粉に対する対策も可能となります。
そもそも花粉は害のあるものではありません。
しかし、何らかの原因で花粉が有害だと免疫細胞が勘違いして、体外へ排除しようとしてくしゃみを始めとする症状で悩まされるのです。
よって、免疫作用を正常にする事により花粉症の改善に繋がるのです。

身体全体の調子を整えるのは、腸内環境からと言われる程、重要な部位なのが腸です。
毎日の食事にヨーグルトを取り入れるだけで、花粉症の改善や軽減が期待できます。
更に、フルーツで手軽に摂取可能なバナナにも期待できるとも言われています。

バナナは単体だけでも栄養価も高く、消化も良い食べ物です。
本格的なシーズンになる数週間前から食べ続ける事でインナー対策が行われ、トップシーズンには対策も出来ているのです。
バナナを1日に2本食べ続けた方は、くしゃみが軽減されたデータもあり、少なくとも悪化する事はない報告もあります。
ヨーグルトにしてもバナナにしても、シーズンに近づいたら食べるのではなく、継続して摂取する事で効果が期待できるのです。
もちろん、個人差もあり誰にでも最大の効果があるとは限りませんが、対策としては損はないです。

花粉症の症状はバナナで緩和できる

花粉症対策として、ヨーグルトを食べて乳酸菌を多く摂取し腸内細菌の善玉菌を増やすことで、免疫力の調整をしている腸内環境を整え、花粉症の症状を改善することが期待できます。
これと同じ効果がバナナを食べることでも得られます。

なぜバナナを摂取することで花粉症の症状を軽減できるのでしょうか。
栄養価の高いバナナにはポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールには免疫機能を整える働きがあるので、免疫機能の異常反応によって引き起こされる花粉症対策に適していると言えるのです。

特に、バナナに含まれるオイゲノールという成分が免疫機能に大きく影響を与えます。
ポリフェノールのひとつオイゲノールは、アレルギー反応に関係しており免疫システムを整え、抗炎症作用、抗アレルギー作用があるのです。

花粉症へのインナー対策として、バナナを花粉が飛ぶ8週間前から毎日2本継続して摂取することで、花粉症のつらい症状のひとつくしゃみを軽減できたという報告があります。
食べ方はそのまま食べても良いのですが、輪切りにしたものを焼いて焼きバナナにするのも良い方法です。
バナナは南国原産の果物なのでそのまま食べると体を冷やしてしまいます。
これを避けるためにバナナを焼くというひと手間をかけることで、体を冷やさずにインナー対策に必要な成分を摂れるのです。

バナナを毎日継続して食べることで、自己免疫機能を強化したりバランスを保つことができ、花粉症の症状を軽減できます。
それに加え花粉症で起こるくしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状を抑える対症療法だけでなく、花粉症自体を改善する効果を期待することができるのです。
どこででも手軽に入手でき食べられるバナナは、花粉症対策にうってつけの果物だといえます。