皆さんの気持ちが沈む花粉症の時期。マスクをしたって、花粉から逃れられるわけではありません。花粉症がつらいなら、アレルギー治療薬のザイザルを使ってみてはいかがでしょうか?花粉症による鼻水やかゆみの症状を抑える効果があります。花粉の時期だからって辛い思いはしたくない!ハッピーにいきたい!そんな方はぜひ当サイトに立ち寄ってみて下さい。

治療薬ザイザルとアレルギー症状まとめ

ザイザル

ザイザルはその主成分をレポセチリジン塩酸塩とする抗ヒスタミン剤です。
アレルギー症状をひきおこす原因であるヒスタミン受容体の働きを抑えることで鼻炎の症状を緩和する働きをします。
花粉によるアレルギー性鼻炎の治療や湿疹などのアレルギー症状にも有効な治療薬となります。

ザイザルは症状が現れてから使用しても効果がある治療薬です。鼻炎の症状は徐々に出現することもあれば、いきなり症状の出ることもあります。
アレルギー性鼻炎の三大症状と言えばくしゃみ、鼻水、鼻づまりですが、くしゃみは鼻の中に入る異物を出そうとする防御反応です。
鼻水は水のようなさらさらとしたものが見られるので、色の付いた鼻水が出る場合は他の疾患を疑います。
また鼻づまりは鼻の粘膜が腫れて空気の通り道が狭くなっている状態です。その他にも目、喉、皮膚などの炎症もみられることもあります。いずれにしろ、不快な症状に悩まされることになるでしょう。

レボセチリジン塩酸塩を主成分とするザイザルはアレルギー性鼻炎のそのような症状を抑えてくれます。
即効性のある治療薬で、強さから言うと中等度よりも高い効果を発揮する薬として位置づけられています。
効果がある分、副作用もあり、服用方法には注意が必要です。季節性鼻炎にも通年性鼻炎にも効果を発揮します。

ザイザルは処方薬であり、ドラッグストアなどで購入することはできません。
服用後1時間で効果発現して、効果の持続時間は24時間、薬剤の半減期が始まるのは7時間と言われています。
副作用は比較的少ない薬剤ですが、翌朝に倦怠感等が残ることもあり、症状や生活スタイル、職業などを総合的に考慮して処方されることになります。

一日一回、就寝前に服用するのが一般的な服用方法となります。睡眠時間の間に副作用のピークをもってくることで生活のリズムを保てるようにするのがよいでしょう。
錠剤は7歳以上の小児から使用可能ですが、7歳未満の幼児に対してはシロップ製剤もあるので使用できます。

ザイザルの副作用について学ぶ

ザイザルはレボセチリジンを主成分とする抗ヒスタミン薬と呼ばれるタイプのアレルギー症状を抑える薬です。
通年性でも季節性でも、鼻炎などのアレルギーの症状の原因となるヒスタミンの作用を抑えることによってアレルギー症状に効果を示します。
同じような薬にセチリジンを主成分とするものもありますが、これよりも作用の持続性や眠くなりにくいなどの面で優れています。

ザイザルは効果発現までの時間が比較的短く、持続時間が1日中続くことも特徴です。
そのため毎日就寝前の同じ時間に飲むようにすることで、使用している間は常に効果が持続することとなります。
毎日決まった時間に飲まなければ一時的に薬の効果が切れる可能性があるので、基本的には就寝前に、もしくは医師から指示された通りの時間帯に毎日使う必要があります。

ザイザルは副作用が出にくいように工夫されている薬であり、眠くなりにくく口が渇きにくいなど、比較的副作用が抑えられているといえるでしょう。
しかし副作用が全くないというわけではないので、使用の際には十分な注意が必要となります。
副作用が現れる頻度は0.1パーセントから5パーセント未満といわれています。
服用中に眠くなってしまうことも考えられるので、ザイザルを使っている間は車の運転は避ける必要があるでしょう。
また使っている間は体調の変化などに十分注意し、仕事や日常生活において危険な作業は避ける必要があります。

そのほかにも倦怠感や吐き気、食欲不振、頭痛、めまいなどの副作用が現れる可能性もわずかながらあります。
また発生する確率は低いですが重篤な副作用が表れる可能性もあるので、体調の変化を感じた場合にはすぐに医師に相談するようしましょう。